Michelin Map ナショナルジオグラフィック傑作写真ベスト100 国境の旅人―世界まるごと縦横断18
完全保存版 世界「夢の旅」BEST50 極楽アイランドを求めて―世界の島ベスト100 地球の果てへ―世界秘境の旅82

2005年03月22日

木曽路妻籠宿・飛騨高山・白川郷

飛騨高山朝市「を、あのバスよさそうじゃん」と、ついバスのチェックをしてしまうクセが。
ここは日本、アフリカと違ってバスが故障したりパンクしたりすることはほとんどない。
それどころか、座席に座ると、完璧に磨かれた窓ガラスに驚かされた。

NEWS WEEKに、外国人旅行者にお勧めの旅先として、木曽路が掲載されていたのを見て、気になってたんだよね。
更に白川郷は、堂々たる世界遺産。

たまには和の旅で、さあ行ってみよう!






天気は快晴、中央高速から富士山や日本アルプスの雪山がそびえる様を見て、それだけで感激。日本の景色も捨てたもんじゃないよね。

妻籠宿まず訪れたのは中仙道の宿場町、木曽路は妻籠宿。
NEWS WEEKに紹介されてたトコですね。いわく、
日本では街並み自体を昔のまま残しているところは少ないが、木曽路にはそれが残っていると。
確かに、浮世絵をや時代劇をほうふつとさせる街並みは、何往復しても楽しい。

宿泊した下呂温泉の宿で見たローカルテレビのCM。
「エステに行くより下呂温泉でお肌すべすべ!」とおばさんが叫んでいる。
確かに、刺激が少ない熱すぎない、やわらかいお湯で、お肌はすべすべ。
山の幸を中心とした料理も美味しく、畳でごろごろできる和室の宿は、日本ならでは。
ごろごろしてたら、お兄さんがお布団を敷きに来てくれた。
部屋食に、沢山の食器に盛られた料理を運んで、お布団も敷いて、大変だね日本の宿は。
多少お高いですが、相当のおもてなしだよね。贅沢な一時を過ごさせていただきました。

白川郷翌朝は、まず飛騨高山の朝市。おばあさん、あんた十分エスニックだね。そのいでたち、表情に語り口、いい雰囲気。

そして真打は世界遺産白川郷。

今更ながら、再発見。日本はいいとこいっぱいあるね、世界のどこにも負けない。
ぼちぼち日本もまわろうかな。
でも、高くつくからね。ゆっくりしようとすると特に。

帰りに寄った飛騨高山ラーメン屋なんて、都心で食べるより2割は高い印象。
日本はご当地ほど高いもんはない、らしいです。
普通は逆なんだけどね。
その代わりなのか、お土産屋さんは試食し放題。ラーメンもお菓子もお漬物も、遠慮なくつまめる雰囲気は、かなり楽しい☆

そんな日本を工夫しながら、質素倹約に楽しむのも、悪くないかもね猫

posted by いちろう at 19:15| Comment(2) | TrackBack(0) | またたび日和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も先月白川郷に行ってきたばかりなんですよ!
雪がいっぱい降って・・・。すごい素敵でした。
囲炉裏のある合掌造の家にも泊まったのです!
が。
おっかないスーパー薀蓄オヤジにさんざん説教され、家の中はめっちゃめちゃ寒いし、砂漠で野宿のほうがぜんぜん快適でした。(涙)

ほんと、日本ってまだまだ素敵なところがいっぱいあるのですね。とりあえずこの夏は富士登山ですから!(笑)
Posted by のこのこ at 2005年03月27日 11:59
そうそう、昔ながらの日本の家って、すきまだらけで寒いんだよね。
昔の人も、白川郷の人も、よくあの家で暑さ寒さをしのいでるもんだね。
アフリカで野宿も平気な、のこのこさんも、きつかった?
海外のみならず国内も精力的に楽しんでいるようで、うらやましい限りです。
Posted by いちろう at 2005年03月29日 12:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2544050

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。