Michelin Map ナショナルジオグラフィック傑作写真ベスト100 国境の旅人―世界まるごと縦横断18
完全保存版 世界「夢の旅」BEST50 極楽アイランドを求めて―世界の島ベスト100 地球の果てへ―世界秘境の旅82

2007年08月28日

クレジットカード再考

今まで年会費払ってNICOSカード使ってましたが、無料で海外旅行保険の付いていてポイントもためられるカードの方に変えようか、検討しています。

海外旅行保険付帯クレジットカード徹底比較
http://creditcard.e-ocean.biz/insurance/cardhikaku.html
posted by いちろう at 12:44| Comment(39) | TrackBack(7) | またたび日和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

のんびりBLOG復活/

長いこと放置してきましたが、復活です。
ゆるーい感じで、たわいもないつれづれを、のんびり書いていこうと思ってます。

世界放浪旅の様子は以下ご覧下さい。
http://matatabiweb.blog49.fc2.com/

アフリカ放浪はこちら。
http://www.tour.ne.jp/afurashia/
posted by いちろう at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | またたび日和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月31日

伊豆・天城越スペシャル

amagi.jpg
本当は海でお魚とたわむれる予定だったんだけど、時折雨模様のあいにくの天気。
予定を変更して、天城越え。

ちなみに伊豆の旅のナビゲータは、頼もしい静岡のアイドル、のこのこさんです。

雨が降りしきる、天城のトンネルを抜けると、、
posted by いちろう at 22:44| Comment(3) | TrackBack(0) | またたび日和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月29日

人生ばら色?谷津バラ園

人生バラ色とは、このこと?
華やかに色採々、満開に咲き乱れるバラ園に行って来ました。

rose1.jpg

続きを読む
posted by いちろう at 22:32| Comment(3) | TrackBack(1) | またたび日和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月03日

東京下町GW花めぐり

西新井大師.jpg先日、群馬や栃木にまで足を伸ばして花めぐりしてきたわけですが、その時訪れたのはどこも、いわゆる公園型の施設です。よく花々を手入れしてくれている、有料の。

花の数では及びませんが、神社仏閣に咲く花々は、何とも言えない趣や風情が感じられて、心にしみてくるものです。
今回は、西新井大師(足立区)の牡丹祭り、亀戸天神(墨田区)の藤祭り、根津神社(文京区)のつつじ祭り、に行ってきました。

まずは、西新井大師。牡丹祭りと言うことでしたが、藤の棚田もなかなかでした。
広い敷地は解放的で、昔ながらの出店が下町のいい感じです。
続きを読む
posted by いちろう at 21:52| Comment(0) | TrackBack(1) | またたび日和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

北関東GW花めぐり

みさと芝桜今年のGWは、リビアに行きたかったんですよね。リビアのビザの発給条件は、4名以上のグループであること。旅仲間を募ったんですが、集まらず。他の旅先も検討したんですが、結局日本でのんびり過ごすことに。

その代わりと言うには及びませんが、少しだけ足を伸ばして、みさと芝桜公園(群馬県)、足利フラワーパークの藤の花(栃木県)、そしてかの有名な、館林のつつじが岡公園(群馬県)に行ってきました。

まずは、群馬県・みさと芝桜公園。だいたい「一面の」っていうキャッチフレーズに弱いんですよね。ここの宣伝文句も「一面の芝桜」。確かに一面、見事なものですが、一面のみなんですよね、思ったよりは狭い範囲の。「見渡す限り」ではありません。
それでも斜面なので、視界いっぱいに眺めると、ご覧の通り、きれいなものです。
関東ではもう一箇所、秩父の羊山公園の芝桜も有名ですが、今度はそちらにも行ってみて、比較してみたいと思っています。

続きを読む
posted by いちろう at 19:36| Comment(0) | TrackBack(2) | またたび日和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月29日

下総神崎・蓮華と坂東太郎

神崎坂東太郎.jpg「坂東太郎」っていうのは利根川のあだ名です。知ってました?知ってはいたんだけど、そんな風にも呼ぶって遠い昔に聞いたきりの記憶彼方でした。
季節柄、一体の田園地帯は丁度田植え前で、水が張られただけの状態。見渡す限りの田園の水面からの春の涼風を浴びながら、心地よくハイキングを楽しんできました。
続きを読む
posted by いちろう at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | またたび日和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月17日

佐倉・チューリップ祭り

sakura_churip1.jpg
そんなこと言われなくても、わかると思いますが、一応お約束で、
「この写真はオランダではありません」。

↑この一言のせいで、「オランダ」で検索してひっかかっちゃった方、済みません。。

佐倉は印旛沼湖畔の空き地に作られた、地元の春の催しです。
写真のオランダ衣装の方々は、30分500円のレンタル衣装で、仮装を楽しんでおられる方々です。
続きを読む
posted by いちろう at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | またたび日和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

福島で桃源郷気分・花見山

hanamiyama_mini.jpg
桜、桃、レンギョウ、ボケ、サンシュ、モクレン。。。
白、赤、ピンク、黄色、、、と斜面一面、一体に咲き誇る花々と視界に重なり合う春の色彩り。
桃源郷は桃だけでしょうから、さらに華やかな風景と言ってもいいでしょう。
福島にこんなとこがあったなんて、今まで全く知りませんでした。

続きを読む
posted by いちろう at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | またたび日和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

木曽路妻籠宿・飛騨高山・白川郷

飛騨高山朝市「を、あのバスよさそうじゃん」と、ついバスのチェックをしてしまうクセが。
ここは日本、アフリカと違ってバスが故障したりパンクしたりすることはほとんどない。
それどころか、座席に座ると、完璧に磨かれた窓ガラスに驚かされた。

NEWS WEEKに、外国人旅行者にお勧めの旅先として、木曽路が掲載されていたのを見て、気になってたんだよね。
更に白川郷は、堂々たる世界遺産。

たまには和の旅で、さあ行ってみよう!
続きを読む
posted by いちろう at 19:15| Comment(2) | TrackBack(0) | またたび日和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。